歯科用インプラント治療が保険適用になったことで何が変わるのか

投稿者: | 2012年3月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一番はじめに断っておくと、私自身は「インプラント治療否定派」の歯科医です。しかし、それは別として患者側の利点としての記事ですのであくまでインプラント治療の是非はここでは言及しません。

テレビでもネットでもあまり話題になっていないけれども、平成24年4月から歯科用インプラント治療が保険適用になります。

こう書くとその辺の一般歯科診療所で気軽にインプラント治療が受けられるようになるように聞こえるけれども、そうではないのです。以下の基準を満たした施設のみがインプラント治療を保険診療として届出して加療できます。

  1. 歯科又は歯科口腔外科を標榜している保険医療機関であること。
  2. 当該診療科に係る5年以上の経験および当該療養の3年以上の経験を有する常勤の歯科医師が2名以上配置されていること。
  3. 病院であること
  4. 当直体制が整備されていること。
  5. 医療機器保守管理及び医薬品に係る安全確保のための体制が整備されていること。

以上の5項目のうち「病院であること」というのがわりと重要。

一般の方はあまり知らないようですが、「病院」というのは「病床(ベッド)数20床以上の入院施設(病棟)を持つもの」を指すので、19床以下の施設は全て「診療所」であって「病院」ではないのです。

つまり大半の「歯科医院」とか「デンタルクリニック」とか名乗っているところは全て「診療所」なので、そもそもこの項目に該当しないわけです。

「大学病院」以外で歯科の「病院」はもともとかなり少ないので、この保険適用の恩恵を受けられる医療機関はかなり絞られることになります。患者側にしてみれば、「なんで近くの歯医者で保険で出来ないんだ!医療格差だ!」と言うことを言い出す人がいるかもしれません。

でも、私は逆にこれでいいと思っています。

理由を説明する前に、いったいどのくらいの金額でインプラント治療が受けられるのか具体的に書いてみましょう。

  • 広範囲顎骨支持型補綴診断料:1800点
  • 広範囲顎骨支持型装置埋入手術
    一回法による手術:14500点
    二回法による手術:一次手術:11500点 、二次手術:4500点
  • 広範囲顎骨支持型補綴(インプラント義歯)
    ブリッジ形態のもの:18000点(3分の1顎につき)
    床義歯形態のもの:13000点(1顎につき)

1点=10円です。

例えば患者負担割合が3割の場合、診断料は18000円の3割=5400円。

手術料は一回法ならば145000円の3割=43500円。

インプラント義歯は上顎全てならば130000円の3割=39000円。

ということになります。入院して手術する場合の費用や初診料など含めていませんのであくまでインプラント治療だけに限った金額です。

詳しく調査したデータなどが存在しませんが、一般にインプラント1本につき30〜40万円というこれまでの平均金額に比べれば、劇的な安さです。

高額な治療の保険適用ということで医療費が増大するかもという不安があるかもしれませんが、先ほど書いたとおり、大学病院や医療法人化した歯科病院でなければ必要要件を満たせませんので、そんなに大した増大にはならないと私自身は思っています。

さらに、実はどんな症例にでも保険適用されるかというとそうではなくて、「腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷等により、広範囲な顎骨欠損又は歯槽骨欠損症例」だけが適用なので、

一般的な歯周病や加齢による骨の吸収には適用されない

んです。

つまり「もともとその辺の歯科診療所で手に追えるレベルでない」症例にしか適応されないんです。

じゃあ、何故限られた医療機関でしか享受できない、さらに限られた症例しか享受できないこの恩恵を私が喜ばしく思っているかという理由ですが、

一般歯科での無茶なインプラント治療が減る

と思うからです。

考えれば当たり前の話で、大きな病院へ行けば保険適用になって安くなるのに、何故わざわざ高額な自費診療を小さな診療所で受けなきゃならんのかと患者が考えるのは当然であって。「大変な症例にしか適用されない」としても、「大学病院でインプラントが保険適用になったらしいぞ」という話が広がれば、患者側も少し慎重になって、悪徳歯医者の毒牙にかかる人が減るといいなぁ、という希望的観測です。

勘違いしていただきたくないのは、素晴らしいインプラント治療をする先生も実在するんですよ、ホント。

でもね、そんな先生は一握りどころじゃなくて、一摘み。

だからこそ、患者にはもっともっと慎重になっていただきたい。

そんな歯医者で大丈夫か?

歯科用インプラント治療が保険適用になったことで何が変わるのか」への4件のフィードバック

  1. コバヤシ

    どこで治療するのがベストでしょうか?

  2. 最低人間 投稿作成者

    ご自分でお探しください。

  3. 下村 学

    お願いします。
    自殺未遂を助けてもらっいました。
    人工呼吸器を噛んでしまうと言う理由で前歯を 3本抜かれてしまいました。インプラントを
    保険で、入れてもらう事は可能ですか?

  4. 最低人間 投稿作成者

    「加療に必要と診断され抜歯」した場合は、インプラント治療を保険適用することは出来ないと思われます。
    「事故等で自然脱落」したものに関しては、保険適用が可能な場合があります。

コメントを残す